猫 ダイエット

猫のダイエットにいいキャットフードの選び方

 

愛猫が太り気味の場合は、ダイエットの必要がありますよね。猫の体重コントロールするにはいくつかポイントがあります。その中でも重要になってくるのが「キャットフード」の選び方です。当ページでは、猫のダイエットを考慮した際の、キャットフードの上手な選び方についてご説明していくので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

低炭水化物のキャットフードがおすすめ

 

炭水化物は太りやすいです。カロリーも高めで糖質も多いです。摂り過ぎてしまうと内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えられてしまうので、ダイエットには不向きとなります。特に穀物がたくさん入っているキャットフードは消化しづらい上に、肥満気味の猫ちゃんをもっと太らせてしまう事になってしまいます。

 

可能であればグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選んであげるのが適切です。これ以上余分な脂肪をつけないためにも、低炭水化物を徹底したキャットフードを選んであげましょうね!

 

低カロリーのキャットフードを選ぶ

 

当たり前の事ですが、ハイカロリーのキャットフードを選んでしまうと、猫ちゃんもそれだけ太りやすくなってしまいます。キャットフードはできる限り低カロで脂肪も少ないものを選びましょう。摂取カロリーが高くて猫ちゃんが肥満傾向になってしまった場合、余計な脂肪がついてしまいます。

 

これ以上脂肪をためこまないためにも、低カロリー・低脂肪のキャットフードをチョイスする事によって、猫が太るのを防いでいきます。低カロ・低脂肪のキャットフードと言えば、比較的低カロリーで吸収率の高いものが挙げられます。ダイエットフードとして売られているキャットフードを選ぶのもいいでしょう。

 

猫の肥満の原因は?

 

大事な猫ちゃんが肥満傾向にあったら、そのままにしていてはいけません。放置していると深刻な病気につながる恐れがあるのでダイエットさせましょう。そもそも、猫が肥満になってしまう原因には何が考えられるのでしょうか?当ページで考えられる肥満原因をご紹介していきましょう。

 

キャットフードの与え過ぎ

 

キャットフードは与える量が多すぎてしまうと肥満になります。その猫の体重によって一日の摂取カロリーや栄養量は大体決まってきます。そのため、これ以上食べさせると猫が太ってしまう結果にあります。愛猫がかわいくてついつい餌をあげ過ぎてしまう飼い主さんも多いでしょう。

 

しかし必要以上におやつやキャットフードをあげてしまう事が、猫の肥満原因になってしまいます。これを繰り返しているうちに、猫はどんどんおでぶちゃんになってきてしまうでしょう…。ふっくらした猫ちゃんも可愛くみえますが、健康のためにはよくありません。

 

運動量が低下するから

 

老猫になればなる程、動く機会が減ってきてカロリーが落ちてしまいます。運動量が少ないのに若い頃と同じ量のキャットフードを与え続けていたら、猫はどんどん太ってしまいますよね。飼い主さんも意識して節制していかなければ、気づかぬうちに愛猫がどっぷり太ってしまった…なんてことにもなりかねません!

 

このような事態を招かないようにするためにも、キャットフードのカロリーや材料が猫の年齢や体調、運動量に合っているかどうかチェックしていきましょうね。

 

昔の写真と比べて体型チェック!

 

猫を飼い始めた時の写真があれば、現在の猫の様子と比べてみるとその体型の違いがよくわかるでしょう。危機感をもつためにも、体型の変化がわかるように猫の写真を記録しておくといいですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?運動量の低下やキャットフードの与え過ぎが、猫の太る主な原因になのですね。年齢や正確によっては、運動嫌いな猫ちゃんもいます。自発的に動かないようであれば、飼い主さんからすすんでスキンシップをしてあげる、キャットタワーを使ってみるだけでも猫の反応は変わってきます。こまめにアプローチしていきましょう。食事の量も、猫ちゃんお体型に合わせて調節していきましょうね。

 

猫の肥満は病気のリスクを高める?

 

肥満気味の猫ちゃんも、愛嬌あってキュートですよね。しかし猫の肥満は健康を害する恐れがあります。これは人間と同じですね。肥満は決していいものではありません!太りすぎが原因で引き起こされる病気もあるのです。

 

ダイエットさせる事は健康にもいいですし、深刻な病気の予防にもなるでしょう。当ページでは、肥満によってどのような病気のリスクがあるのかご紹介していきます。愛猫に長生きしてもらいたかったら、肥満対策していきましょうね。

 

糖尿病のリスク

 

人間でも同じことが言えますが、太り過ぎている猫ほど糖尿病リスクが高いです。特に炭水化物をたくさん食べて糖質が多くなると糖尿病が発症しやすくなります。猫が糖尿病になると、食事管理はもちろんのこと、人間と同じように毎日インスリン投与が必要になります。

 

糖尿病原因には肥満もあげられますが、運動不足も大きく関わっています。猫の糖尿病を予防していくためにも、日頃から猫ちゃんに運動させる機会を与えてあげましょうね。

 

足の関節炎になるリスク

 

体重増加してしまうと、足の関節への負担も大きくなってしまいます。足への負担がかかりすぎると、関節が痛むことから、猫はジャンプや高いところから飛び降りる動作をしなくなってしまいます。猫の性質上、痛みがあっても隠してしまう傾向があるので、飼い主さんも気づきにくく、知らない間に足の関節炎になっていたという事も十分あり得ます。

 

最近上り下りなどの運動をしなくなったなぁなど、普段よりも動きが少なければ、足の関節炎を疑ってみるのもいいでしょう。ただの運動不足ではなく、足に負担がかかって痛みがあるから運動しないのかもしれません。成長期の子猫ならこまめに動くので、たくさん食べても肥満の心配はあまりありませんが、大人になって落ち着いてくる3、4歳くらいになってくると運動量も減ってくるので、太りやすくなります。

 

猫のダイエットは食事管理が基本

 

猫が肥満になってきたら、ダイエットが必須です。ダイエットしていくには、運動する事も大切ですが食事管理も大事です。それでは、どのように食事管理していけばいいのかレクチャーしていきましょう。ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

栄養バランスに配慮する

 

猫ちゃんをダイエットさせるにしても、栄養バランスは常に考えてあげましょう。一つの成分に偏ることなく、猫ちゃんにとって有効な成分が豊富に含まれるキャットフードなど選んであげましょう。ここで、ダイエット中におすすめの低カロ・低脂肪のキャットフードをご紹介します。

 

NOWフレッシュ シニアキャット&ウェイトマネジメント低カロリー
主原料はなんとシチメンチョウ!猫がアレルギーを起こしにくいように考慮して作られているキャットフードです。しかも消化の悪い穀物はいっさい使っていません。これなら消化も良くて栄養価も高いので、ダイエット中の猫ちゃんにもおすすめです。

 

カロリーや脂質、糖質を抑えながらも栄養バランスの良い食事ができるでしょう。穀物入りのキャットフードだと炭水化物量も多いのであまりすすめられませんが、これならグレインフリーなので安心ですよね!

 

カロリーコントロールする

 

食事管理の基本はカロリー調節です。これは人間のダイエットでも同じですよね。肥満傾向の猫ちゃんは、カロリー消費がうまくできていません。それは食べ過ぎのせいもありますが、運動量が少なくて消費量が少ないからでもあります。日頃から猫ちゃんがカロリーをとりすぎないように気をつけていきましょう。

 

ただし、猫の体重を減らしたいからといって急激に食事量を減らすのは好ましくありません。摂取カロリーと栄養バランスを調節し、あくまで毎日適切なカロリーをとらせます。極端にカロリーを減らしてしまうと猫ちゃんにとってもストレスになってしまいますし、身体にも負担がかかってしまうので、ご注意くださいね。

 

猫の理想の体重は?

 

猫の肥満防止のためにも、理想体重を知っておく事はとても重要です。そこで当ページでは、猫の理想体重はどれくらいかについてご紹介していきます。その猫の年齢によっても違ってくるのでご注意くださいね。

 

猫の平均体重は?

 

猫の体重を平均してみると、3.5〜4.5キロとなります。ただしこれはあくまで全体の平均であり、猫の体格や骨格、種類や年齢によってはあてはまらない場合があるので、参考程度にしておくといいでしょう。

 

1歳以降は体重変化が乏しい

 

基本的に猫は、1歳を過ぎるとそんなに大幅に体重が変わらなくなります。大人の猫であれば、平均体重3.5〜4.5キロにおさまっていれば普通でしょう。年をとれば多少体重がずれる事もありますが、高齢になって大幅に痩せてしまう、あるいは太るような事があれば明らかに何か身体に問題があるので、病気の可能性が出てきます。

 

早期発見のためにも、早めに動物病院にかかるようにすると安心です。ちなみに小型猫として有名なシンガプーラは、平均体重2〜3.5キロですが、反対に大型猫のメインクーンであれば、4.5〜8キロあってもおかしくないでしょう。

 

猫が1歳の時の体重が理想!

 

わかりやすく考えるなら、猫が1歳だった頃の体重を目安にするといいでしょう。飼い猫の理想体重がなかなかつかみづらいという飼い主さんは、猫が1歳だった時の体重を適性体重として考えてみてください。先程ご説明したように、猫は1歳を過ぎたらあまり体重に変化がないはずです。そのため、1歳の時の体重を基準として考えると、肥満傾向かどうか、判別しやすいでしょう。

 

猫の肥満の目安は?

 

猫の肥満も健康を害するもので、決して健康的とは言えません。そのため、飼い主さんであれば、健康管理の一つとして、猫の適正体重を把握しておきましょう。猫の理想体重の20%以上の体重だとしたら、「肥満」と言えるでしょう。目安にしてみてください。